出会い系サイトの悪徳業者対策


いざ出会い系サイトを始めたとき、万が一悪徳サイトに登録してしまう場合があります。
そんな時はどうすればいいのでしょうか?
ここでは、悪徳出会い系サイトに登録してしまったときの対策などをご紹介します。

 

お金は絶対支払わない
悪徳サイトは、有名サイトと名前を似せたり、ありとあらゆる手段でユーザーを騙して登録に導きます。
万が一登録した出会い系サイトが悪徳サイトだった場合、最も重要なのがお金を絶対に支払わないことです。
その事をまず一番最初に肝に銘じておきましょう!

 

利用しているときに違和感を感じたら注意が必要
悪徳サイトのほとんどは、相手の女性はサクラです。
サクラが多いサイトは、メールをしている段階で違和感を相手に感じさせる場合があります。
よくあるのが、一方的に自分のことを伝えるメールです。また、会話が成り立たないメールなどがあります。
このようなメールは、コピーしたメールを一斉送信しているか、バイトを雇って機械的にメールを打たせています。
なので相手と直接やり取りしたいとメールアドレスを請求してももらえることはできません。
時間とお金の無駄でしかありません。
相手とのメールの内容に不安を感じたら、すぐにメールを終了しましょう。サクラの可能性が高いです。

また、ページを開いただけで「登録ありがとうございます、登録料は○○万円です」というようなサイトは
百パーセントが悪徳サイトです。
「間違って登録された方は、下記までご連絡ください」と電話誘導し、サポートセンターに連絡するように誘導します。
ここで、本当に電話をかけてしまえば、相手に自分の電話番号が知られてしまい、あとは請求の嵐です。
裁判沙汰になりますよ、と脅してきますがそんな法的効力はありません。無視が一番なのです。絶対に電話はせずに
そっとページを閉じるだけでOKなのです。
これは詐欺です。ページを開いただけでは個人情報は流出しません。電話をかけてしまったとき、初めて相手に自分の情報が知られるので
電話をかけずに無視をして、改めて良質な出会い系サイトに登録すれば良いだけです。慌てないようにしましょう!

 

その他気をつけるべきもの
メールに届く登録した覚えのないサイトからの架空請求、これも無視しましょう。
退会できないサイトも要注意。ただの詐欺サイトですのでお金は絶対に払わないように。
一番注意が必要なのが自動課金システムです。
一定期間が過ぎると、自動課金されてドンドンお金の請求が膨らんでいきます。
使用料を請求されますが、法的には本人の了承を得ていない請求は不当なので、詐欺行為となります。

全ての悪徳サイトは非常にしつこく関わってしまうと面倒です。
自分の電話番号や個人情報などを相手に教えないように、無視してしまうのが一番です。

マジメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です