出会い系のマナー(男性編)


こちらのページでは男性利用者が守るべき出会い系のマナーについてご紹介します。
出会い系サイトを利用する多くの男性は下心をもって利用する傾向がありますが、そのような方は、実を言うとあまりお目当ての女性に
出会えていないケースが多いようです。
男性側もまた、女性と同じように紳士な態度や、最低限のマナーを守ってコミュニケーションを取る必要があります。

 

初対面から馴れ馴れしくしない
最初のコンタクトはやはり敬語のほうが印象が良いように思われます。
会社のやり取りではないので、細かく気にしすぎる必要はありませんが、それでも女性側からすると
敬語でのやり取りのほうが印象が良いようです。
馴れ馴れしいやり取りを嫌う傾向があるため、初対面から早く親しくなろうと焦ってつい馴れ馴れしいメールを送らないよう気をつけましょう。
一人称は「俺」よりも「僕」や「私」のほうが柔らかな印象になります。
また、相手の名前を呼ぶときは「○○さん」と節度ある距離でもって呼ぶのがマナー。
いきなりフレンドリーに名前を呼び捨てにしたり、「○○ちゃん」などど書かないほうが社会人として正解です。
もちろんずっと堅苦しい敬語の必要はありません。徐々に仲良くなってから言葉を崩していけば良いでしょう。

 

ネガティブワードはNG
これは女性にも言える事ですが、人間誰しも悪口や愚痴をずっと聞いていると疲れてきます。
せっかく楽しい出会いを求めている相手に、愚痴や人の悪口やネガティブなワードばかりを散りばめては会いたいと思ってもらえなくなります。
特に男性が愚痴を言う姿は女性から見ると女々しく見え、頼りにならない人だという印象を与えがち。
メールの文面にネガティブワードがはいっていないか、今一度確認しましょう。

 

下ネタは最悪です
女性が最も嫌うのは下品な下ネタです。嫌うどころか嫌悪感を持つ人もいます。
アダルトな出会いを求めて出会い系を利用している女性でさえも、いきなり下ネタや下品な内容のメールを送られてはゲンナリします。
下手するとアクセス拒否をされる恐れもあるので、下品な内容は気をつけましょう。
特に親しくもない男性が女性の身体を褒めるのも、気持ち悪いと考える女性が多いです。
「君、胸がおおきいね」とか「唇がセクシーだね」とか褒め言葉のつもりでも、親しくない男性が性的パーツを褒めるとそれだけで
気持ち悪いと感じるようです。
親しくないうちに、性的匂いを感じさせるメールはNGということです。

 

乱暴な物言いはNG
男性にはワイルド願望といいますか、ヤンキー願望といいますか、拳で語り合う力強さに魅力を感じる人が多いようです。
「店員の態度がムカついたから殴ってやった」とか、「イライラしたからヤクザと喧嘩した」だとかいうような所謂武勇伝を語って
俺は強いぜ!というようなアピールをする場合があります。
しかし、そのような武勇伝で尊敬を集められるのは男同士の世界の中だけの話です。
大抵の女性は「うわ・・・この人私のことも殴るんじゃないの?」とドン引き。けっして恋愛の相手にはなりません。
メールの中での乱暴な物言いは、出会いの足を引っ張ってしまいますので、武勇伝語りはほどほどにしておきましょう。
女性のウケはあまりよくありません。

マジメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です