出会い系サイトで無駄にポイントを浪費しないために

出会い系サイトを利用するうえで、無駄にポイントを消費してしまって出会いになかなか繋がらないケースがあります。
大半はサクラが利用客を騙してお金を取ろうとしているケースです。
そのような人たちに引っかからないように、このページではご案内したいと思います。

 

無駄なポイント使用を避けるコツ
出会い系サイトは色々な手法で登録者を増やそうとキャンペーンを行っています。
そこで男性側から見て困ってしまうようなキャンペーンも行われます。
それの一つが「キャッシュバック」というサービス。
女性が男性にメールを送信するとポイントが貰え、一定ポイントまで貯まると現金と換金できるシステムです。
女性としてはおこずかい稼ぎになるし、嬉しいサービスですが、それが狙いの「キャッシュバッカー」という
女性を生み出してしまいました。
このようなキャッシュバッカーは、店側が雇ったサクラではありませんが、出会い系を利用する目的が
キャッシュバックによる小遣い稼ぎです。出会いたいというニーズではないため、このような女性に
いくらメールを送っても出会いには繋がりません。

 

キャッシュバッカーは詐欺、サクラと同じ
キャッシュバッカーはポイントや現金目当てに自発的にサクラになっている存在です。
彼女らはいかにしてお金を稼ぐ事を研究しているため、メールが非常に上手で、思わせぶりなメールが多く
少しでも多くメールのやり取りをしようと長引かせてきます。
しかもプロの女性ではないので、いかにも素人っぽく自然なメールを送ってきます。
しかし、どうしても目当てはお金ですので、会話に違和感が出てきます。
微妙にズレが反応や、会いたいといいつつなかなか約束を取り付けないなど、やり取りを長引かせようという
魂胆が見えてきます。
ですので、キャッシュバッカーかな、と少しでも疑わしい場合はキッパリメールを諦めましょう。
ついつい会えそうな気配にダラダラとメールを送りがちですが、それではアナタはただの餌食です。
直メールを親しくなったのに貰えない、コワイからもう少しこっちでメールをやり取りしたい
などというような返信がきたら、キッパリ諦める事こそが、ポイント浪費を防ぐ最大の防御です。

出会い系の落とし穴、援助交際

出会い系で気をつけるのは悪質サイトだけではありません。
刑事事件として罰せられる可能性がある、援助交際にも気をつけなくてはいけません。

 

援助交際の罠
出会い系サイトの掲示板でこのような内容の書き込みを見たことはありませんか?
「助けてください」「助けます」「条件アリ」などです。
これらの書き込みは、個人による援助交際目的のキーワードです。
知らずにメールを送ってやり取りをしていると「ホ別・ゴム有・苺」などという怪しげなキーワードが出てきて「え?」
と思ったという人もいますが、これは援助交際の条件になっています。
解読してみると、ホテルは別料金、ゴム必須、一万五千円です、という内容となります。
そうして個人売春に巻き込まれてしまい、相手が成人ならまだしも、相手が未成年だった場合は未成年搾取、淫行の罪で
知らず知らずに逮捕されてしまう、なんてことになってしまうのです。
なので援助交際を匂わせるキーワードにはご注意ください!

 

女性側も注意を
出会い系サイトで出会ううちに、相手の男性からお金をもらった事に味をしめて個人売春に走るケースがあります。
しかし、風俗店などのバックボーンがあって自分を守ってくれる黒服がいないのが個人売春の怖いところです。
知らぬうちに踏み込んでしまった闇に囚われ抜け出せなくなってしまったり、「金を払ってるんだからそれに見合う対価を払え」と暴力にあったりするかもしれません。
金銭トラブルによる殺人事件なども最悪のリスクとしてありえるかもしれないのです。
しっかりとしたお店で働く方が、そのようなありとあらゆるトラブルから身を守ってくれる人が居ます。ですので出会い系サイトを利用した個人売春は
絶対にやめましょう。危険しかありませんし、法律違反のリスクしかありません。

 

男性側も注意しましょう
出会い系サイトで個人売春をするような女性にお金を支払うのは虚しいことこの上もありません。
それに風俗店などと違って、定期的なメディカルケアなどしていない女性のほうがほとんどでしょう。
性病を移されるリスクも高く、その女性がヤクザと繋がっている美人局のリスクも考えなくてはいけません。
出会い系サイトでみかける、援助交際を匂わせる女性は地雷です。
関わらないほうが、犯罪に巻き込まれるケースを避けることができるので、気をつけるようにしましょう。

出会い系の悪徳業者サイト対策

いざ出会い系サイトを始めたとき、万が一悪徳サイトに登録してしまう場合があります。
そんな時はどうすればいいのでしょうか?
ここでは、悪徳出会い系サイトに登録してしまったときの対策などをご紹介します。

 

お金は絶対支払わない
悪徳サイトは、有名サイトと名前を似せたり、ありとあらゆる手段でユーザーを騙して登録に導きます。
万が一登録した出会い系サイトが悪徳サイトだった場合、最も重要なのがお金を絶対に支払わないことです。
その事をまず一番最初に肝に銘じておきましょう!

 

利用しているときに違和感を感じたら注意が必要
悪徳サイトのほとんどは、相手の女性はサクラです。
サクラが多いサイトは、メールをしている段階で違和感を相手に感じさせる場合があります。
よくあるのが、一方的に自分のことを伝えるメールです。また、会話が成り立たないメールなどがあります。
このようなメールは、コピーしたメールを一斉送信しているか、バイトを雇って機械的にメールを打たせています。
なので相手と直接やり取りしたいとメールアドレスを請求してももらえることはできません。
時間とお金の無駄でしかありません。
相手とのメールの内容に不安を感じたら、すぐにメールを終了しましょう。サクラの可能性が高いです。

また、ページを開いただけで「登録ありがとうございます、登録料は○○万円です」というようなサイトは
百パーセントが悪徳サイトです。
「間違って登録された方は、下記までご連絡ください」と電話誘導し、サポートセンターに連絡するように誘導します。
ここで、本当に電話をかけてしまえば、相手に自分の電話番号が知られてしまい、あとは請求の嵐です。
裁判沙汰になりますよ、と脅してきますがそんな法的効力はありません。無視が一番なのです。絶対に電話はせずに
そっとページを閉じるだけでOKなのです。
これは詐欺です。ページを開いただけでは個人情報は流出しません。電話をかけてしまったとき、初めて相手に自分の情報が知られるので
電話をかけずに無視をして、改めて良質な出会い系サイトに登録すれば良いだけです。慌てないようにしましょう!

 

その他気をつけるべきもの
メールに届く登録した覚えのないサイトからの架空請求、これも無視しましょう。
退会できないサイトも要注意。ただの詐欺サイトですのでお金は絶対に払わないように。
一番注意が必要なのが自動課金システムです。
一定期間が過ぎると、自動課金されてドンドンお金の請求が膨らんでいきます。
使用料を請求されますが、法的には本人の了承を得ていない請求は不当なので、詐欺行為となります。

全ての悪徳サイトは非常にしつこく関わってしまうと面倒です。
自分の電話番号や個人情報などを相手に教えないように、無視してしまうのが一番です。

出会い系のマナー(男性編)

こちらのページでは男性利用者が守るべき出会い系のマナーについてご紹介します。
出会い系サイトを利用する多くの男性は下心をもって利用する傾向がありますが、そのような方は、実を言うとあまりお目当ての女性に
出会えていないケースが多いようです。
男性側もまた、女性と同じように紳士な態度や、最低限のマナーを守ってコミュニケーションを取る必要があります。

 

初対面から馴れ馴れしくしない
最初のコンタクトはやはり敬語のほうが印象が良いように思われます。
会社のやり取りではないので、細かく気にしすぎる必要はありませんが、それでも女性側からすると
敬語でのやり取りのほうが印象が良いようです。
馴れ馴れしいやり取りを嫌う傾向があるため、初対面から早く親しくなろうと焦ってつい馴れ馴れしいメールを送らないよう気をつけましょう。
一人称は「俺」よりも「僕」や「私」のほうが柔らかな印象になります。
また、相手の名前を呼ぶときは「○○さん」と節度ある距離でもって呼ぶのがマナー。
いきなりフレンドリーに名前を呼び捨てにしたり、「○○ちゃん」などど書かないほうが社会人として正解です。
もちろんずっと堅苦しい敬語の必要はありません。徐々に仲良くなってから言葉を崩していけば良いでしょう。

 

ネガティブワードはNG
これは女性にも言える事ですが、人間誰しも悪口や愚痴をずっと聞いていると疲れてきます。
せっかく楽しい出会いを求めている相手に、愚痴や人の悪口やネガティブなワードばかりを散りばめては会いたいと思ってもらえなくなります。
特に男性が愚痴を言う姿は女性から見ると女々しく見え、頼りにならない人だという印象を与えがち。
メールの文面にネガティブワードがはいっていないか、今一度確認しましょう。

 

下ネタは最悪です
女性が最も嫌うのは下品な下ネタです。嫌うどころか嫌悪感を持つ人もいます。
アダルトな出会いを求めて出会い系を利用している女性でさえも、いきなり下ネタや下品な内容のメールを送られてはゲンナリします。
下手するとアクセス拒否をされる恐れもあるので、下品な内容は気をつけましょう。
特に親しくもない男性が女性の身体を褒めるのも、気持ち悪いと考える女性が多いです。
「君、胸がおおきいね」とか「唇がセクシーだね」とか褒め言葉のつもりでも、親しくない男性が性的パーツを褒めるとそれだけで
気持ち悪いと感じるようです。
親しくないうちに、性的匂いを感じさせるメールはNGということです。

 

乱暴な物言いはNG
男性にはワイルド願望といいますか、ヤンキー願望といいますか、拳で語り合う力強さに魅力を感じる人が多いようです。
「店員の態度がムカついたから殴ってやった」とか、「イライラしたからヤクザと喧嘩した」だとかいうような所謂武勇伝を語って
俺は強いぜ!というようなアピールをする場合があります。
しかし、そのような武勇伝で尊敬を集められるのは男同士の世界の中だけの話です。
大抵の女性は「うわ・・・この人私のことも殴るんじゃないの?」とドン引き。けっして恋愛の相手にはなりません。
メールの中での乱暴な物言いは、出会いの足を引っ張ってしまいますので、武勇伝語りはほどほどにしておきましょう。
女性のウケはあまりよくありません。

出会い系のマナー(女性編)

出会い系サイトで気をつけるべき、女性側のマナーについてご紹介します。
マナー系は利用者の多い男性側に注意すべきものが多いですが、もちろん女性側にも必要なマナーがあります。
女性は無料で利用できるのは、男性会員がお金を払ってくれているからこそです。
そのことを忘れないよう、相手には節度を守って優しく接してあげましょう!

 

嫌われる、小文字の多様
ギャル文字ともいいますが、最近では小文字を利用したメールが多いです。

例「ぉはよぉ★ きょぅゎ、でぇとたのしみ だぁ♪」
というような感じですが、
可愛いと思って使っているかもしれませんが、実はマナー違反。許されるのは十代の女の子や友達同士の間柄ぐらいです。
三十をすぎても小文字多様のメールを使っていると、社会的にちょっと常識知らないのかなと思われてしまうこともありえます。
もちろん相手と親しくなってから使う分にはだいじょうぶですが、初対面の人にこのような小文字は嫌がられます。

 

相手を探りすぎるメール
女性がやりがちなのが、探偵のように相手の身元調査をするようなやりとりです。
会う価値があるのか知りたいがためにやりがちですが、深くない仲での相手のプライバッシーの深追いは失礼にあたります。
初対面で男性から、アナタの胸のサイズは?ウエストや体重は?などと聞かれても自分は怒らないという人は少ないでしょう。
それと同じように、年収は、仕事は、家はどこ、どのぐらいお金もってんの、なんて聞くのは失礼。
身元調査もほどほどに。

 

愚痴っぽい内容や乱暴な内容は嫌われる
男性は女性に夢を見ています。女同士の悪口や愚痴を見ると引いてしまうケースが多いようです。
ですので、愚痴っぽい内容や乱暴な物言いはあまり歓迎されません。
女性らしさを求めてしまうのが男性の可愛いところです。なのでなるべくメールでは丁寧な口調でのやり取りを
心がけるだけで、相手に対する印象はグッと良くなる事でしょう。

 

会う気がないならキッパり断る
男性側はメールを送るにしてもお金がかかります。なので女性側が会う気もないのにダラダラメールのやり取りを
したがる人は男性側にとっては時間とお金の搾取にしかなりません。
また、課金目当てのサクラやキャッシュバッカーだと思われる可能性もあります。
なので、会う気がない相手にはキッパリ断り、ダラダラやり取りを続けないのも一つの優しさであり、心遣いです。

出会い系のメールテクニック

先ほどのページではプロフィール欄のテクニックをご紹介しましたが、こちらでは相手との唯一のコミュニケーションとなる
メールについてのテクニックをご紹介したいと思います。
好かれるメールや、逆に嫌われるメールはどういうものかご紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。
ファーストコンタクトでもあるメールで、相手に嫌われてしまっては非常に勿体無い事になってしまいます。

 

嫌われるメール内容

NG第一位がネガティブワードが含まれる内容です。
出会えなすぎて辛いです、とか寂しいですとか、悲しいです、とか、この年まで独身で苦しいです、とかこの手のネガティブワードは
重すぎます。一番避けられるメール内容なので、ネガティブワードには注意しましょう。

次に嫌われるのが深刻すぎるメールです。お金がない、家がない、ヒモになりたい、びっくりするでしょうが初対面の方に
こんな深刻な内容のメールを送る人が中にはいらっしゃいます。そんな重い生活事情を打ち明けられても・・・という感じですね

最後に嫌がられるのが下ネタ満載のメールです。おっぱい大きそうだね、とかセクシーだよね、とか
褒めているつもりが、相手にとっては嫌がられるメールがこのパターン。初対面の人に対面でセクハラなんてしませんが
メールだとついうっかりやってしまいがち。これも気をつけましょう!

また、馴れ馴れしいメールも悪印象。フレンドリーなつもりが、ただの失礼な人になっていませんか?
以上のような内容のメールは、対面であれば普通はしない内容ばかりです。
しかしメールという気軽さからか、勘違いをしてしまい、相手に対して失礼な態度を取るメールが実はとても多いのです。
出会えない!すぐシカトされる!!という人は今一度自分のメールが失礼ではないか確認してみましょう。

 

好かれるメール内容

相手に好かれ、次の連絡につながりやすいメールは大抵ポジティブな内容です。
楽しい、うれしい、充実している、好きなどのポジティブワードが満載の文面は相手の気分を軽くします。

また、逆に相手を気遣うような内容のメールも好印象につながります。
「おつかれさま、仕事大変そうだね」だとか「今日は寒いけど体調だいじょうぶ?」などというさりげない気遣いなども
誠実さをアピールする事ができます。

また、相手の事に興味があると伝わるメールも好印象です。
出会い系サイトではテンプレートのメールをつくってコピーペーストしたようなものを大量に送りつける人がいますが
相手にもそのテンプレ感は伝わってしまうものです。
相手のプロフィールに目を通し、相手が興味がある話題を散りばめるなど、自分はアナタに興味があるということを
アピールしましょう。
特に女性は敏感で、誰にでも送っている定型文のようなメールはすぐに見分けます。
自分のプロフィールこの人読んでないな、と思った段階でシャットアウト。
そのような定型文を送りつける男性は多いので、逆に相手に興味がある内容を散りばめた文章はハッとするほど相手の目を引くこと間違いなしです。

 

メールのむこうにいるのは人間

メールでのやり取りですとつい忘れがちになりますが、これは対、人同士のコミュニケーションです。
面と向かって会話するときにできないような事は、メールでもしてはいけません。
マナーをまもり、節度をまもり、誠実さを出せば、門前払いされる率はとても低くなります。
パソコンの向こう側には、生身の人間がいる事を忘れないように、メール作成には心を配りましょう!

出会い系サイトでは日記機能を活用しよう

出会い系サイトには日記機能がついているものがあります。
そこでアナタの人となりや生活を見せる事ができ、相手に親近感を抱かせる事ができます。
長文を毎日更新せずとも、ちょっと気になる事や、好きな映画や小説の紹介などでも相手に会話のきっかけを与えます。
どんな人となりなのかは、自然と文章ににじみ出てくるものです。
アプローチしようにも自分のことを何もわかってない人からのメールよりも、日記を読んで自分に興味を持ってくれた
人からのアプローチのほうが話も弾むことでしょう。
ぜひ、日記機能は活用してみましょう!

 

自己紹介はしっかりと

プロフィール欄でよくやりがちなのが、相手に対する要求をツラツラと書き綴る人です。
身長○○以上、年収はいくら以上、ハゲNG、デブNGなどというような感じです。
これを見るだけでも感じ悪いという印象しか与えません。
相手に対する要求を書くよりも、自分は何が好きで、どういう趣味があって、どういう事が得意なのかというような
自分の自己紹介をして、お話が合う人を募集してますが、既婚者さんはNGです、などというような書き方のほうが
相手にとっても良い印象を与えてます。
自分の自己紹介はしっかりと、相手に対する過度な要求はご注意ください。

出会い系サイトでモテるコツ

それでは実際に出会い系サイトを利用して、モテるコツをご紹介しようと思います。
ここでいうモテるコツとは、メールの文才や、上手なメールが書けるなどという才能的なものではありません。
いくつかの簡単なポイントをご紹介するので、誰でも実践する事が可能です。

 

プロフィールを充実させよう

出会い系サイトで一番重要なのがプロフィール欄。ここで相手が自分と趣味があうか、話が合いそうかなどを吟味します。
そのためプロフィール欄が充実していると相手に判断材料を多く与える事ができ、多くの切欠を生み出します。
しかし、このプロフィール欄では見栄を張って嘘をつく事は必要ありません。嘘はむしろマイナス要因となります。
全ての項目を埋めることが大切なポイント!
真剣な思いをプロフィール欄に載せましょう。また情報公開することによって最初のメールの話題も広がります。

悪質出会い系サイトに対してのアクションは起こさないこと

このように突然登録されました、いくら払ってください、などと言われるとついパニックになって自分から問合わせてしまいがちですが
それこそが相手の罠にハマったことになります。
一度電話番号を知られてしまうと、その後の請求はかなりしつこくなります。
それにそのようなサイトの中にいる女性はほとんどがサクラだとおもってください。
出会えないこと99%です。
もし、悪質サイトを踏んでしまったときは、無視が一番。
絶対に自分から電話をかけて問い合わせるようなアクションはおこさないでください。

 

優良クチコミサイトは広告をかけている

悪質サイトに対し、優良サイトはクチコミの評判もよく、またしっかりと広告費をかけて宣伝しています。
優良サイトの特徴としては「完全前払い、後日請求なし」「同時登録がない」「サクラが一切いない」
「名前が売れている」「女性に優しい」「掲示板などでのクチコミ評判が多い」です。

当サイトでも優良出会い系サイトをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

悪質出会い系サイト、優良出会い系サイト

出会い系サイトは数多くありますが、優良サイトの中には残念ながら悪質なサイトもあります。
出会い系サイトデビューをする初心者さんには、まずはこれらのサイトの見分け方を学んでいってください。

 

気をつけるべき悪質サイトの特徴

悪質サイトの特徴として、まずサイトの名前が挙げられます。
優良で人気の出会い系サイトの名前をそっくり似た名前をつけて、間違えてお客さんが登録するように誘導します。
例えば「ハッピーホワイト」などという名の出会い系サイトがあります。
ここはとてもクチコミでも評判が良く、人気です。初心者にオススメされるような出会い系サイトだとします。
すると悪質サイトは「ハッピーホワイトプラス」だとかいうような名前にして、さも姉妹店であるかのように装います。

またサイトのデザインや、看板のロゴなども似せてつくるので、何も知らない人は「ああ、姉妹店なのかな?おなじ運営会社だろう」と思ってついうっかり登録してしまうという寸法です。
こういった悪質サイトは、ページを開いただけで「ご登録ありがとうございます、登録料金は✕✕万円です、○日以内に振り込んでください」などという案内が出ることもあります。
また、「お間違えの際はサポートセンターにお問い合わせください」と電話番号を誘導し、慌てたユーザーが
電話をかけてしまうと、「間違えたならキャンセルするのでキャンセル料金は○円です」などと誘導されます。
ひどい所だと「裁判にしますよ」などと脅すわけです。
もちろん法的にそんな効果はありませんので、無視しても大丈夫です。
悪質サイトの特徴は「法外な利用請求」「同時登録サイトの存在(有名サイトの名前をパクってるかチェック)」「ワンクリックで登録完了」などです。